So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自転車タイヤ/チューブ交換時、チューブに穴を開けない賢いやり方/#31

2017-05-04T00:42:07.jpg2017-05-04T00:42:07.jpg2017-05-04T00:42:07.jpg2017-05-04T00:42:07.jpg
!自転車及びモーターサイクルのタイヤ/チューブ交換の失敗しないコツ!

タイヤにチューブを組む時、一般的には片側のビードをリムに組んでからチューブを入れますね。
この状態だと、もう一方のビードをリムに嵌める際に、チューブをタイヤレバーで挟み込んで穴を開けることがよく起きます。
それを防ぐのが、写真1&2のように予めチューブをタイヤに組んでおく方法です。
この時、虫ゴムも組んでおき、チューブに空気を少し入れておくのがコツ! 
チューブがクシャッとした布状になっているとレバーで挟み易くなりますが、空気が入っていると丸いチューブの形状をキープしているおかげで咬み込み難くなり、初心者が必ず犯す失敗が殆ど無くなります。
組んだ後は、空気を入れる前に一つ確認・・・ビードとリムの間にチューブが挟まれた状態になっていないか、写真3&4のように、ビードを寄せて中を覗き込み良く確認します(両側のビート共に)。
写真3のように(親指の先に注目)チューブがビードから飛び出して見えるようだと、必ず挟まってパンクします。
一度タイヤレバーでビードを持ち上げて、チューブを奥に押し込み、写真4の状態にします。
またバルブ付近のチューブが咬み込んでいる場合も良くあるので、それを防ぐには、バルブを奥に何度か押し込んでみます。
押し込んでスムーズに引っ込んですぐ戻って来るようなら咬み込みは無く、バルブが引っ掛かって奥に入らない場合は、チューブが咬み込んでいる(ビードに乗り上げている)状態です。これも前述のような方法でチューブをビードの奥=タイヤの中に入れます。
あ、ビード部には、空気を入れた際にビードがすんなり所定の位置に上がるように、専用のビード・クリーム(か石鹸水)を塗布するのを忘れないで下さい。
以上を参考に、ぜひ自分でタイヤ交換にチャレンジして下さい!!
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

キャプFT

自分もこないだ、前後のタイヤローテとチューブ&リムテープ交換をしました。ビード・クリーム、知らなかったです。参考にします。これまではシリコンスプレーを吹き付けてました。ハブのベアリングも交換しました。以前ハンズで購入の格安ベアリングを使用したら、一年で随分すり減っていてガッカリです。今回は硬度の高い、少し高価な物にしました。<高橋GM>
by キャプFT (2017-05-10 11:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。