So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<#31>通勤クロスバイクのホイルを塗装!

2017-05-13T13:34:06.jpeg2017-05-13T13:34:06.jpeg2017-05-13T13:34:06.jpeg2017-05-13T13:34:06.jpeg2017-05-13T13:34:06.jpeg
5月連休中に自転車のホイル(リム)を塗装しました。
以前フロントだけ白のホイルに交換したら、元々のリヤの黒いホイルにやたら違和感を覚えていたので・・。

1:先ずは#600(だったかな?)の耐水サンドペーパーで水とぎして、表面を荒らす(表面積を増やす)。
2:タイヤを外し、スポーク・ニップルにはマスキング・テープを、スポークにはガムテープでそれぞれマスキング。
3:水で洗浄後、オイル・リムーバーとシリコン・オフでホイルを脱脂。
4:プライマー・サフェーサーで下塗り。これを2・3回ほど重ね塗り。塗料に合わせて、白のサフェーサーを選択。
  素材の金属と塗料の密着度を高めるための作業・・耐久性を考えたらやはり手は抜かない方が・・。
5:1日乾燥させた後、本塗装。尚、サフェーサー表面にはペーパー掛け等の表面処理はせず、そのまま(脱脂のみ)。
  厚塗りし過ぎで塗料が垂れないよう注意しながら、これもホイルを回しながら数回重ね塗り。
  今回はメタリックやパール・マイカではなく、ソリッドのホワイトの中でもより真っ白に近そうなトヨタのスーパー・ホワイトIV(Holts製) 
  を選択(パール等は最後に上からクリアを吹かねばならないので面倒なので避けた)。
6:乾燥後、マスキングを剥がす。マスキングが深過ぎて、ニップル穴周りに塗装が乗ってない部分があったが、まあ妥協・・。
 ニップル根元の余計な塗料のエッジ部分はカッターでカットした(ここから塗装が剥がれてしまうパターンがあり、重要な部分だ 
 が・・)。
7:光沢は充分出ていたが、極細目〜液体の順でコンパウンド掛けして表面を研磨。
 フロントのシマノ製ホイルに比べても、更に真っ白寄りの色味だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。